エルツ山地(クルスナホリ)鉱業地域の絶景画像


エルツ山地(クルスナホリ)鉱業地域

エルツ山地はドイツとチェコの国境線となっている山地。ドイツ語で「エルツ」、チェコ語で「クルシュネホリ」共に「鉱石」の意味。チェコのボヘミア(テプリツェ付近など)で5件登録。エルツ山地(クルスナホリ)は中世期(12世紀)から20世紀まで鉱業(銀・錫・鉛・鉄・コバルトなど)が営まれる。19世紀にはウラン採掘地域となる。
・この地域 褐炭産地で 有名なり 温泉も湧き 観光地でもある(テプリツェ付近)

エルツ山地(クルスナホリ)鉱業地域チェコ世界遺産ランキング
エルツ山地(クルスナホリ)鉱業地域チェコ ベストシーズン

エルツ山地(クルスナホリ)鉱業地域の絶景写真画像

 エルツ山地(クルスナホリ)鉱業地域の絶景写真画像  チェコ
On formatDate By [違和感] [編集] [削除]
[世界遺産の写真画像写真を追加 ]





おすすめ海外旅行情報