シエンクワーン県ジャール平原の巨大石壺遺跡群の絶景画像


シエンクワーン県ジャール平原の巨大石壺遺跡群

大量の巨大な石壺 が遺物としてジャール平原(フランス語・壺、甕)に残っている。この文化は紀元前500年ころから少なくとも1000年程度続いていた。有力な説としては葬礼文化を伝える墓・骨つぼ、または食料保管庫(酒)ではないかと言われている。
・不思議な壺 巨石くり抜き 作られる 誰が何のため はっきりわからず



おすすめ海外旅行情報