ヴァロンゴ埠頭考古遺跡の絶景画像


ヴァロンゴ埠頭考古遺跡

リオデジャネイロにある奴隷貿易のための港湾施設(ヴァロンゴ埠頭・考古遺跡・1811年に建造)。奴隷がアフリカからブラジルへ運び込まれた時代の史跡として保存されている。奴隷制廃止後にアフリカ系ブラジル人が定住し、ブラジルの代表音楽、サンバの有名な地域となる。
・近隣の ヴァロンゴ墓地に 眠っている 奴隷にされた 万単位の墓



おすすめ海外旅行情報